自分だけのオリジナル壁掛け飾りを作ろう!フラワーデザインを楽しむための5つのアイデア

query_builder 2024/02/03 壁掛け_飾り 手作り ドライフラワー

オリジナルの壁掛け飾りを作ってみませんか?フラワーデザインは、自分自身のセンスや個性を表現する素晴らしい方法です。ここでは、フラワーデザインを楽しむための5つのアイデアをお伝えします。まずは、花材の選び方から始めましょう。自分の好みやテーマに合わせて花材を選ぶことで、作品の印象が変わってきます。次に、基本デザインの考え方を学びましょう。バランスや形状に気を付けながら、壁掛け飾りのデザインを考えていきます。その際、カラーコーディネートも大切です。自分の好きな色や組み合わせを取り入れることで、仕上がりに個性を出すことができます。最後には、DIYで自分らしい壁掛け飾りを完成させるコツをご紹介します。手作りの温かみや楽しさが詰まった壁掛け飾りは、自分だけの特別なアイテムとなるでしょう。ぜひ、このアイデアを参考にして、あなたの素敵な壁掛け飾りを作り上げてください!

アトリエ樹和花
ロゴ
多様な生花を幅広く取り扱い、季節ごとに異なる花材に触れる機会を提供している大阪のフラワーアレンジメント教室です。季節の美しさを生かしたアレンジメントを制作するスキルを習得できる環境となっております。
アトリエ樹和花
住所:

〒542-0062

大阪府大阪市中央区上本町西1-5-9

シャイニングスター606

花材の選び方

フラワーデザインを楽しむためには、適切な花材を選ぶことが重要です。壁にに飾る場合は、生花を用いることが難しいかもしれません。そこで大活躍するのが造花(アーティフィシャルフラワー)です。プリザーブドフラワーは、プリザーブドフラワーとして生産されている花や葉の種類が造花ほど多くありませんので、花や葉を自分で組み合わせることから始めたい方には造花をおすすめします。


作品づくりには、花材の色や形にも注目しましょう。色とりどりの花を選ぶことで、作品に華やかさやを加えることができます。また、花の形状やサイズも考慮し、バラエティーに富んだ花を組み合わせることで、立体感や奥行き、リズム感を演出することができます。

花材の選び方のポイントをおさえて、自分の好みや季節、部屋の雰囲気に合わせて、素敵な作品を作りましょう!

壁掛け飾りの基本デザイン

壁掛け飾りは、お部屋を華やかに飾るための素敵なアイテムです。自分だけのオリジナルな壁掛け飾りを作ることで、より一層楽しい制作の時間を過ごすことができます。

壁掛け飾りの基本デザインには、いくつかのアイデアがあります。まずは、ベーシックなリース型の壁掛け飾りです。リースはどんな季節にもマッチし、様々な花材を使って魅力的なデザインにすることができます。リースは環になっている形なので、永遠に終わらないなどの良い意味での縁起かつぎとして、思いを込められて用いられることも多いです。日本に限らずその他の国でも、同じような意味を持って使用されることがある、よく見るベーシックなデザインとなります。生花を使用して、壁にかざることでそのままドライフラワーになっていくのを楽しむこともできますし、最初から造花でリースを作ることもできます。

次に、ウォールポケット型の壁掛け飾りも人気です。花瓶や器を使って、壁に取り付けるポケットを作り、そこに花材を挿すというスタイルです。お部屋の雰囲気に合わせて好きな形やサイズにカスタマイズすることができます。

また、ガーランドの壁掛け飾りも素敵です。カーテンやドアの上部に取り付けることで、お部屋の中に自然なアクセントを加えることができます。こちらも生花で作成して徐々にドライフラワーになっていくのを楽しむこともできますし、最初から造花で作る場合もあります。使用用途やお好みで、素材を選ぶようにしましょう。

*ガーランド:花や葉などを紐やリボンやワイヤーなどのベースに取り付けながら、長く繋いでいったもの。

さらに、ウォールステッカー型の壁掛け飾りもおすすめです。壁に直接貼り付けるステッカーに花や葉っぱのイラストをプリントし、壁全体を飾ることができます。市販で植物柄のウォールステッカーも手に入りますが、自分で手作りをするのも違った味わいがあるでしょう。

最後に、額型の壁掛け飾りです。箱型のフレームに花材を飾り込み、奥行きのあるアート作品を作ることができます。視覚的な効果があり、お部屋に立体感を与えます。

これらの基本デザインは、自分で手作りする楽しさがあります。好きな花材や色を使ってアレンジしてみてください。自分だけのオリジナルな壁掛け飾りがお部屋をより素敵な空間にしてくれることでしょう。

個性を出すカラーコーディネート

フラワーデザインを楽しむ上で、個性を出すカラーコーディネートは重要です。色使いを工夫することで、印象的な壁掛け飾りを作ることができます。

まずは、自分の好きな色や、お部屋のインテリアに合わせたカラーパレットを選びましょう。明るい色合いを使用すると、華やかで元気な印象を与えます。一方、落ち着いた色合いを選ぶと、上品で穏やかな雰囲気を演出できます。

次に、花材の色や種類を選ぶ際には、相性を考えることも大切です。同じ系統の色を組み合わせることで、統一感のある壁掛け飾りになります。また、コントラストのある色を組み合わせることで、より存在感のあるデザインとなります。

さらに、季節感を取り入れるのもおすすめです。春らしい明るい色合いや夏らしい鮮やかな色合い、秋にぴったりの落ち着いた色合いなど、季節に合わせたカラーパレットを使うことで、壁掛け飾りがより一層魅力的になります。

また、壁掛け飾りに使う花材の種類も個性を出すポイントです。一つの色合いにこだわらず、多色使いにすると賑やかな感じになります。また、形が異なる花を組み合わせることで、より一層目を惹くような楽しい仕上がりになるでしょう。

最後に、自分らしさを表現するために、ポップなカラーとモノトーンを組み合わせたり、大胆な色使いと控えめな色使いを対比させたりするなど、自由な発想でカラーコーディネートを楽しんでみましょう。最初から上手くいかないかもしれませんが、何度か実験を繰り返しているうちに自分が心地よく感じる組み合わせが分かってくると思います。

カラーコーディネートを工夫することで、自分だけのオリジナルな壁掛け飾りを作ることができます。思い切って色使いに挑戦して、素敵なフラワーアレンジメントを楽しんでください。色で個性を表現しましょう。

DIYで自分らしい壁掛け飾りを完成させるコツ

花や葉、枝などを使って色とりどりの美しい作品を作り出すフラワーデザイン。花を器に配置させるアレンジメントや、手の中で一つの束にする花束など、植物を使ったデザインは色々とあります。フラワーデザインの一つの方法である壁掛け飾りは、部屋の雰囲気を一層華やかに演出してくれるでしょう。自分だけのオリジナルな壁掛け飾りを作るには、以下のコツを心得ておくことが大切です。

まずは自分の好みを知ることから始めましょう。自分がどんなスタイルの飾りを作りたいのか、どんな色や形が好きなのかを考えてみましょう。それによって素材の選び方やデザインの決定がスムーズになります。

次に、利用する素材を選びましょう。生花を使いたい場合は、季節の花や好きな花を選ぶと良いでしょう。また、ドライフラワーや造花を使っても素敵な壁掛け飾りを作ることができます。

素材に何を使うか考えること、選んだ素材の配置をどうするかを考えることがデザインになります。花や葉、枝といった素材をどのように組み合わせるのか、どのようなアレンジをするのかを考えることで、オリジナリティのある壁掛け飾りを完成させましょう。

デザインにはバランス感覚が大切です。素材の色や形、サイズなどをバランスよく組み合わせることで、調和の取れた壁掛け飾りになります。コントラストを加えることで、より一層魅力的なアレンジメントになるでしょう。

最後に、素材を固定する方法を考えましょう。フレームやリボン、針金などを使って、素材を固定することが多いです。素材にあった方法を選び、丁寧に取り付けてください。

以上のコツを活用して、自分らしいオリジナルな壁掛け飾りを作りましょう。自由な発想で作品をデザインすることで、より楽しい花の造形の世界を体験することができます。

アトリエ樹和花
ロゴ
多様な生花を幅広く取り扱い、季節ごとに異なる花材に触れる機会を提供している大阪のフラワーアレンジメント教室です。季節の美しさを生かしたアレンジメントを制作するスキルを習得できる環境となっております。
アトリエ樹和花

〒542-0062

大阪府大阪市中央区上本町西1-5-9

シャイニングスター606